A


A Broken Silence

All For What
★★★★★★★★★★
2009-12track
ちょ、これマジやばいっす。個人的にここ2,3年こんな当たりは なかったです。ピアノにラップ、もうそれだけで何も言うこと ありません。とにかくクオリティが高い。Alpha Projectが唄が うまくなりましたって感じでラップはC.R.A.S.Hとか Tribal Inkなんかを思い出します。M1「Are you not entertained」 M4「Pinnacle」M10「This nation」なんかが好きですがどの曲が じゃなくこのアルバムがヤバイです。 曲によってはこすったりしてますがとにかく 聴いてください。Chakra、Void If Removedなんか好きな人に オススメです。

A.W.S.

1st EP
★★★★★★★★★☆
2005-5track
dandxxxさんのBlogで知ったバンド。これはEPで5曲しか入ってないんですが 相当かっこいいです。特にM1「Peace Of Mind」。これはヤバイですね。 哀愁漂ってるんですが、そう言われてるLINKIN etcとは違う感じ。 なんて表現したらいいかよく分からないんで視聴してみてください! あとM3「Without You」もオススメです。

Abandoned Pools

Humanistic
★★★★★★★★★☆
2001-12track
とりあえず1曲目「The Remedy」でしょ。Radioheadにも負けないダークな 感じとスマパンにも負けない癒し系の旋律。これを聞かなくてエモが聞けるか! そしてこの曲のPVは少しエロイっすわ。ダークなエモが聴きたい人は買って損なし!
Armed To The Teeth
★★★★★★★★☆☆
2005-12track
前作みたいな独特な感じが少し薄れた気がする。かっこいいのは かっこいいし切ないメロディーは健在だけどもったいな気がする。 普通のエモコアかな〜。。。これを買うなら1stを買うべし。

Acidman
★★★★★★★☆☆☆
2002-12track
3ピースバンド。
疾走感あふれる曲や聞かせる曲などやってるがまだ荒削りな 感じはする。ほとんどの人がそうだろうけど知ったのは やっぱりM2「造花が笑う」です。歌詞は意味不明やけど 曲がかっこいいです。本人たちがBrahmanをリスペクトしてるけど 確かに静と動を使うところとかそんな感じがします。 ただ微妙な曲も正直多いです。他にはM4「赤橙」がオススメ。 CCCDです。
Loop
★★★★★★★☆☆☆
2003-12track
前作が勢いに満ちた作品だとすれば今作はよりスリルを 追求した作品だと思います。より攻撃的なサウンドです。 ただまだまだ若いというか構想は練られてるんだけど今一歩です。 オススメはM1「Type-A」M2「波、白く」M4「飛光」M11「今、透明か」 CCCDです。
Equal
★★★★★★★☆☆☆
2004-12track
前作ほど攻撃的ではありませんがバンドとしての成長を感じます。 Jazzっぽい要素をとりいれたM3「降る秋」壮大なM5「水写」など 好きな曲もありますが静と動を意識しすぎて1枚目からの変化という 意味で考えるとちょっと微妙かなとも思います。 これまたCCCDです。
And World
★★★★★★★★★☆
2005-13track
4枚目にしてやっと出したい音が出せたのかなという感じでした。 アコギやストリングスを使って3ピースというこだわりを良くも 悪くも捨てた結果曲のスケールが大幅にアップしました。 視聴した瞬間買ってました。M2「World Symphony」であげたかと 思えばM3「Id」ではAcidmanのスリルを詰め込んだ曲になってます。 バラードのM5「季節の灯」はAcidmanで1番好きな曲です。 歌詞に重みが出たというか抽象過ぎて分かりにくかったのが 分かりやすくはないけど伝わるようになりました。
Green Chord
★★★★★★★★★★
2007-13track
なんかもうこのアルバムはヤバイです。味がでてきてます。 曲の雰囲気が独特で突き刺さるようなエモです。 Jazz、Bossaなどの要素も自分たちなりに消化してます。初期とは スリル感が全然違ってきてますがこの感じのほうが好きです。 バランスもとれてて大人になったAcidmanを聞かせてくれます。 オススメはM2「Returning」M4「スロウレイン」M7「プリズムの夜」 M11「懸命の銘」M12「Calm」
Life
★★★★★★★★★☆
2008-13track
6thアルバム。
前作からの延長のようなアルバムです。 アルバムタイトルから分かるようにLifeというテーマを Acidmanにしか出せない世界感で表現しています。 M2「Remind Me」M8「街の輪郭」M11「Unfold」 なんかがオススメ。
A Beautiful Greed
★★★★★★★★★☆
2009-12track
7thアルバム。
前作は少しおとなしかったですがこれは満足です。 はっきり言って目新しいことはしてませんがアップテンポな 曲がかっこよくなってます。M2「±0」M3「Crave With The Scene」 M4「Who Are You?」M5「Under The Rain」まで息をつくひまもなく 過ぎていきます。後半はバラードが並びますがバラードは前作までの 方がいい気がします。ただラストのM12「Over」の詞は今までに ないような感じで好きです。
Alma
★★★★★★☆☆☆☆
2010-11track
8thアルバム。
前作よりさらに攻めようとしている感じがしますが M2「風が吹く時」でこんなメロコアだったっけな?って 印象を受けました。M4「Dear Freedom」はかっこいいけど なんとなく前半の攻めパートが後一歩足りない感じです。 後半の聞かせるパートがここ数年で1番弱いかな〜。 バランス感覚が好きなんだけど今回はちょっと損した気が。。。

Addiction Crew

Break In Life
★★★★★★★★☆☆
2005-12track
♂×2、♀×1の3Voのバンド。♀Voの歌うメロディーはいいのですがMCに もう少し頑張ってもらいたい。なんかMCがあまりいてもいなくてもって感じがして残念です。 サウンド自体はかっこいいし曲展開もなかなか良いので次に期待。オススメは M2「Shall Rise」です。

Afterfeedback

Afterfeedback
★★★★☆☆☆☆☆☆
2003-11track
ヨーロッパ特有のダークな感じのNu-Metal。ラップしてる曲もあればそうでない曲も。 スクラッチもたまにはいっててまぁ聴きやすいです。ただなんとなくもう1歩足りないって感じです。

Akirise

Comme Des Mouches
★★★★★★☆☆☆☆
2005-6track
結構無茶苦茶なサウンドです。ハードコア+メタルを軸に ラップしたりチョッパーしたりしてます。色々な意味で荒々しく これからの成長に期待でしょう。曲展開が激しくSOAD好きに オススメです。

Ala

Best Start Here
★★★★★★★★★★
2008-15track
2MC+2SAX+Gt+Ba+Drの7人組バンド。
メンバーが脱退して活動休止中に出たベストアルバムが これです。Saxが入ってるからか分からないけど春先から 夏にかくて自然と聞きたくなるようなオシャレな感じです。 それでもってとにかく完成度が高いです。M1「Usual Life」 からロックやポップだけでなくなんとなくヒップホップの 感じとかも出てて雑食という言葉が良く似合います。 M4「Point Of A View」M11「The Heart Of Everything」 M15「Shiny」なんかがお気に入りです。 Band ApartやUnchain好きなは是非聞いてください。

Alpha-Project

Counter Reset
★★★★★★☆☆☆☆
2002-11track
フランスのリンキンパークって言われてるバンド。Vo×2、DJの3人組。なるほど確かに似てます。 サンプリングを使って哀愁ある音を聞かせてくれます。ただ力量不足。サンプリング、シャウト、 ラップはまぁまぁなんですがメロが下手です。もっとキーあげろよ!とか思ってしまう。 まぁ今後に期待のバンドです。
Second D'Eternite
★★★★★★★★★★
2005-11track
音が段違いにかっこよくなった。このアルバムからMCが1人抜けバンド編成になってます。 ひたすらピアノがフューチャーされてます。 歌は相変わらず微妙なんですがそれを気にさせないくらい演奏がかっこいい。 やりすぎだろ(笑)ってくらいピアノ入れてます。スクラッチも少々入ってるのでピアノと かぶるとこもあって即やられてしまいました。 オススメはM4「Ensemble」M7「Tout Ces Mots」M11「Pas Facile」

Am7

Am7
★★★★★★★★☆☆
2010-11track
北九州在住のトラックメーカーTsunenoriのコンセプトアルバム。
Remix集になってますが煌びやかというかとにかく綺麗な Jazzy Mellowになってます。映画を彷彿させるような曲展開には 胸が裂けそうになる切なさがあります。しかしアルバム1枚通して そうなってるので通すのはきついかも。1曲1曲はクオリティが 高いのにアルバムとしては聞きづらいです。オススメは M1「Soul Away Am7 Remix」M7「Lights,Camera,Action Am7 Remix」

Amity Lane

The Sound Of Regret
★★★★★★★★☆☆
2006-11track
ex. Trust Companyのメンバー中心の新バンド。
Vo中心で動いてたから結構そのままですが自主制作な分 音質というかマスタリングとかもっと練れたような気がします。 楽曲はいいのにTCほどのインパクトはありません。 次のアルバムに期待です。Falling Up好きにオススメ。

Ana Johnsson

The Way I Am
★★★★★★★☆☆☆
2004-11track
Avril+Evaって紹介されてありました。まぁそうやって売ろうとしたんでしょう。 中身はそんなことはありませんがかっこいいです。普通のロックにサンプリングとか 入れてます。M1「We Are」M7「Coz I Can」がキラーチューンだけど他は聴かないかな。

Apollo 3

Apollo 3
★★★★★★★★☆☆
2009-14track
Vo+MC+Gtの3人組みグループ。
平均年齢13歳前後と個人的にはドイツが生んだジャニーズだと 思ってます。子供の声でまんまPanikやってるようなそんな 感じですがなぜか耳に残ってしまいます。M3「Superhelden」は キラーチューンですがアルバムとしては2番煎じもいいとこで クオリティーは正直低いです。ただそれが分かってても 聞いてしまうような魅力があります。 多分声変わりしたら聞かないんだろうな〜・・・。 ちなみにライブは完全に口パクでした。

Aqua Timez
空いっぱいに奏でる祈り
★★★★★★★★★☆
2005-9track
キーボードを含む5人組。有線でM3「等身大のラブソング」が爆発的に流れてますがこの曲は 1番微妙です。それ以外がかっこよすぎです。エモミクスチャーって書いてありますがほんと そんな感じ。暗い感じで曲が始まりサビで開きます。その暗いところの声がどツボです。 オススメはM1「希望の咲く丘から」M2「向日葵」M5「上昇気流」M7「始まりの部屋」 M9「青い空」。まぁM3以外はヤバイです。
「七色の落書き」
★★★★☆☆☆☆☆☆
2006-8track
2ndミニアルバム。
「等身大のラブソング」が売れすぎたため不安を感じていたら ものの見事的中でした。小学生みたいな曲ばっかりで良さが 出てません。歌も下手になったような気がするし多分レコード会社に 急かされて作ったのでしょう。
風をあつめて
★★★★★★☆☆☆☆
2006-14track
1stアルバム。
前作の失敗を活かしてかM1「1mm」はオープニングナンバーに ふさわしいかっこいい音を聞かせてくれます。M8「歩み」も かっこいい曲ですがどうもアクアはポップな曲がダサい気がして いけません。M6「千の夜をこえて」がギリギリです。
ダレカの地上絵
★★★★★☆☆☆☆☆
2007-13track
2ndアルバム。
M1「一瞬の塵」はまた前作に引き続きガッチリはまってます。 絶対ライブイメージしながら作った曲だろうと思います。 M8「秋の下で」は1stミニを思い出させるナンバーですが 残りはどうでもいい感じです。
うたい去りし花
★★★★★★☆☆☆☆
2009-15track
3rdアルバム。
M2「Velonica」はシングルで唯一好きな曲かもしれません。 こんな好き嫌いが分かれすぎるバンドそうはいませんが 1曲とか2曲のためにアルバムを聞いていると言っても 過言ではありません。M8「massigura」では「我々は ミクスチャーの端くれ」と言ってますが恥ずかしくて 仕方ありません。ラウドな曲はエフェクターかけとけば いいみたいなのも好かんですが何故か期待してしまいます。 まぁ1stミニを超えることはないでしょう。

Area 62

Quien Soy
★★★★★★★★★☆
2007-11track
1stアルバム。
これぞスペインって感じで重たいトラックに2MCがたたみかけてきます。 キャッチャーだけどバックはそのまんまメタルでミクスチャーの いい所が出てると思います。オススメはなんといってもM4「El dolor」 確か04とか05にこれが出て話題になって結局アルバムが出たのは 2007でしたね。待たせただけかなりクオリティーの高いアルバムです。 XXL好きは必聴!M1「Quien Soy」M2「S.O.S.」もオススメです。

Asher
The Tumults Of War Will Subside
★★★★★★★☆☆☆
2005-11track
5人組みバンドの1stアルバム。
この前にEPを1枚リリースしてます。幻想感漂う感じで CopelandとかMae好きな人は気に入りそうです。 ただこの2つよりはゆったりした感じでロックというよりは ポップな印象を受けます。その中でもロック色を前に出した M4「The Gracious One」なんかはオススメです。

Ashura
喚醒沈睡的
★★★★★★★★☆☆
2005-13track
中国のLinkin Parkらしい(笑)もうこんなネタ飽きたな。 Linkin Parkに影響を受けているのは分かるが感じ的には Monkey Insaneっぽい。同じ中国圏内のバンドだからだろうか? Monkey Insaneよりもメロディアス。 教えてくれたハジっくんに感謝です。オススメはM3「Give Me Anothr Reason」

Audiovent

Dirty Sexy Knights In Paris
★★★★★★★☆☆☆
2002-12track
少しエモい感じのロックバンド。Incubasの弟がやってます。 アメリカのハードロック色が入ってる気がします。 Hoobastankとか好きな人にはオススメです。 しかしながらこのアルバムの目玉はM12「When I Drown」は名曲中の名曲です。 ピアノがのった暗いバラードは絶望を感じてしまうかもしれません。

Audioweb
Audioweb
★★★★★★★★★★
1996-10track
Vo+Gt+Ba+Drの4人組。
The ClashのカバーM8「Bankrobber」で知られてるバンド。 この曲は結構どこでも耳にする気がします。Dub Warや Skindred、Insolence、Fear Nuttin' Bandなんかといった レゲエ色の強いラップコアバンド好きにオススメですが ヨーロッパ独特なクラブ音が入ってます。 ビッグビートって言うのかな?よくは分からんけど。 M8が激ヤバですが他にもM2「Yeah?」M4「Faker」M6「Time」も 好きです。

Avril Lavigne
Let Go
★★★★★★★★☆☆
2002-13track
いや、自分結構ガールズロック好きなんで(笑)これは日本盤が出る前にタワレコで 視聴してそっこう買って帰りましたね。最初なんて読むかわかりませんでした。 爽やかなパンクを聴かせてくれます。オススメはM1「Losing Grip」M3「Sk8er Boi」
Under My Skin
★★★★★★★★★☆
2004-12+2track
前作より大人になってます。パンクからロックへ移行してまわりの評判はあんま 良くないけど自分はこっちの方が好きですね。とりあえずM1「Take Me Away」でしょ。 いい感じに重たくてメロディーがしっかりしてます。やっぱ自分はヘビーでポップなのが 好きみたいです。後はM4「He Wasn't」M6「My Happy Ending」なんかもオススメ。
The Best Damn Thing
★★★★★★★★☆☆
2007-12+1track
1stの勢いを感じさせる3rd。個人的には2ndのシリアスな 雰囲気が好きだったので少々残念だけどそれでもガールズロックを ここまで盛り上げた第一人者というべき実力は本物だと 思います。キャッチャーで万人受けしそうなアルバムです。 M3「Runaway」M6「Everything Back Put You」がオススメ。

CD REVIEW
TOP PAGE
inserted by FC2 system