B


BxDxF

Phunksta Muziq
★★★★★★★★★☆
2004-5track
SunbombのVoがやってる別バンド。正直Sunbombより好きだね。 しょっぱなからファンクな ラップコアを聞かせてくれます。ファンクなラップコアはあんま聞かないけどこれは1発KOでした。 ♀コーラスもありアゲアゲな1枚になってます。5曲入りだけど買って損なし! オススメはM1「Bootyrocc」M3「Hit」

Backdropbomb

The New South Hand Blows And North Kick Blows
★★★★★★★★★☆
1996-6track
日本人で唯一オリジナルのRAPCOREをやってるバンドだと思う。ある意味自分のRAPCOREの 原点かな?昔はRAPは嫌いだったけど不思議とこれは聴けたなぁ。 なんといってもM2「Bad News Come」サックスがかっこよすぎる。 この1曲のために買ってもいいんじゃない?って感じです。
Micromaximam
★★★★★★★★★★
1999-12track
これを聴くと高校時代を思い出します。徹夜で麻雀しながらこれか BRAHMANの A MAN OF THE WORLD聴いてました。今聴いてもかっこよすぎです。ゆるい曲もアッパーな曲も かっこいい。ちなみに前作よりサックスが減りました。オススメはM5「That's The Way We Unite」 だけどどこをとってもBDBです。
Nipsong
★★★★★★★★★☆
2003-17track
前作からかなりの間隔をあけて発売されたアルバム。相変わらずかっこいいけど前作の方が 好きです。先行シングル?のM9「Remind Me」は必聴。
Breakdawn
★★★★★★★☆☆☆
2006-13track
日本語がはっきり聞き取れるようになった気がします。 悪くはないと思うんだけどなんとなく説明しづらいですが 1番微妙です。相変わらずBDBっぽいんだけど・・・。 やっぱ日本語が聞こえすぎるのかな〜。音は轟音というか まったりな曲でも轟音です。 オススメはM7「In Order To Find The New Sense」

Bad Ronald
Bad Ronald
★★★★★★★★☆☆
2001-15track
夏の朝起きたときなどに聞きたいラップコアですね。 軽めな曲にキャッチャーなラップがのっかります。 ヒップホップ色が強いですがヒップホップ嫌いな人も すんなり聞けるでしょう。オススメはM1「Let's Begin」 M4「I Need Love」M11「Popcorn Titties」

Bagga Bownz

Kick Off
★★★★★★☆☆☆☆
2004-10track
♂♀2MCのバンド。HIP HOPよりのかっこいいサンプリングとラップを聞かせてくれます。 ただ個人的には♀のメロがもう少し良かったら、もっと聴けたのに!といったところ。 オススメはM3「Sometimes」。次回作に期待。ちなみにCD-Rです。

Ballyhoo

Cheers!
★★★★★★★★☆☆
2009-12track
2ndアルバム。
ポストサブライムと言いますかレゲエ+パンクを基準に まったりキャッチャーで乗りやすい曲を聞かせてくれます。 メロディーが抜群にいいし声がなんとなくIncubasっぽいです。 M3「Somewhere Tropical」とか夏にもってこいですけど M9「Alcohl Looks Beautiful Tonight」がマジ名曲です。

Band Apart

K. And His Bike
★★★★★★★★★★
2003-11track
4人組みバンド。
ジャズ、ファンク、ボサノバ、メロコアなどの要素を混ぜた 音を聞かせてくれるバンドです。これはLimitedからのリリースです。 難解なリズムで一般受けしにくいだろうと思ってたけど 結構一般受けしてますね。オシャレなんだからでしょう。 なんといってもM4「Anarq」M9「Eric.W」でしょ。この2曲は 名曲すぎます。
Quake And Brook
★★★★★★★★★☆
2005-10track
2ndアルバム。
Limited Recordsから離れ自身のAsian Gothic Labelからの リリースとなってます。相変わらずの4つ打ちにドラムにうなる ベースが難解なリズムを生み出してますがかっこよし! M2「My World」M3「From Resonance」M8「Higher」 M10「Real Man's Back」なんかがオススメ。
Alfred And Cavity
★★★★★★★☆☆☆
2006-12track
3rdアルバム。
少し落ち着いたというかボサノバっぽさが増えた感があります。 まぁミュージシャンズミュージシャンって言われるだけ相変わらず レベルが高いけどやっぱ初めてEric.Wを聞いたときの衝撃には 劣ってしまいます。M9「Stereo」M11「Can't Remember」 M12「Katana」なんかがオススメ。

Bazzooka
Nationalhymne
★★★★★★★★★★
2001-4track
2MCの5人組。
4曲入りのEPです。某大型blogの管理人さんがSilversurfer+ Such A Surgeといってたけどまさにそうかも。4曲全て キラーチューン!持ってて損なしの1枚です。上記の他に El Postreとかそっち系のドイツバンドが好きな人は必聴!! 特にオススメはM4「Bazzooka」

Bionic Jive

Armageddon Through Your Speaker
★★★★★★★★★☆
2001-15track
みなさんご存知のRAPCOREバンド。ザクザクしたギターといかつい2MCの掛け合いが かっこよしぎです。たまに入ってくる女性コーラス等もアルバム全体をひきしめてます。 ほんとにRAPCOREの王道って感じなのでまだ聴いてない人は是非!
Armageddon Unreleased
★★★★★★★★★☆
2004-16track
未発表曲集。メロっぽい曲がたくさんあって聴きやすいですが前作の方が勢いがあって好きです。 リミックスとか入ってるので仕方ないといえばそうですが。メロの多いRAPCORE好きにはこっちの 方がオススメです。

Black Bomb A

Speech Of Freedom
★★★★★★★★☆☆
2003-12track
ラップはほとんどしてません。ラップっぽく聞こえますが...。 Neo-Metalっていうらしいけど曲展開はまぁかっこいいです。デス、シャウトを多用してて Slipknotとか好きな人にオススメです。サビではメロいコーラスも入るので変り種が 欲しい人もどうぞ!オススメはM1「Double」M4「Burn」M9「Reject For Me」

Blindspott

Blindspott
★★★★★★☆☆☆☆
2002-14track
ニュージーランドのLinkin Parkって売り出し方でした。まぁそんな感じしなくも ないけどLinkinみたいに哀愁ただようというよりはKornみたいなダークな感じです。 あまりラップはしてません。オススメはM2「Nil By Mouth」

Bobaflex

Primitive Epic
★★★★★★★☆☆☆
2003-10track
なんかフランスにいそうなバンド。曲展開、メロがすごく独特でデジタル音のない フュージョンコアっぽい。なかなか男前な声を聴かせてくれますがどことなくEnhancerに 似てます。オススメはM5「Tears Drip」M7「Space Case」
Apologize For Nothing
★★★★★★★☆☆☆
2005-12track
前作同様独特な音楽を聴かせてくれます。変化がないのは少し寂しいけど逆にこれだけ 独特だと変わっても寂しい気がするし...。難しいところです。最後に2曲はラップが なくて微妙でした。オススメはM2「Better Than Me」M6「Got You Trapped」

Boikot

Tus Problemas Crecen
★★★★★☆☆☆☆☆
2004-12track
別にラップコアではなくメロコアなバンドです。ならここに載せるなよ!と 思う人も多々いると思いますが違うんですよ。M12「Stop Censura」が恐ろしくかっこいいんすよ。 Habeasの人やら何やらたくさんでやっててごつい2MCかと思えばキレのある♀ ラッパーが入ってきてアゲアゲなんだけどサビではメロコアみたいな、とにかく もうやばいんですよ。この1曲のために買ってください。

Boo Bee Benz

東京の空
2005-2track
4人組バンド。
エモい感じでSyrup16gとかBump好きにオススメです。 M2「君という花」はかなり好きです。このシングルに収録の 2曲はドラマ「東京フレンズ」で大塚愛が歌ってました。
The Tourist
★★★★★★★☆☆☆
2006-6track
ミニアルバム。
聞かせる曲は相変わらず僕好みですがアップテンポな曲に あまり魅力を感じません。M1「僕ら」M4「メルヘンダイバー」は 好きですけどその他は聞きません。

Booze
Pre
★★★★★★★★☆☆
2005-7track
Vo+Gt×2+Ba+Dr+DJの6人組みバンド。
正式な音源はこれ1枚で解散してしまったバンドですが なんとなく全盛期のLimp Bizkitを彷彿させてくれます。 M2「Cloud Surf」がめちゃめちゃかっこいいです。 ラップもしてるしサビではメロって感じですが この手の歌を日本人がするとどうしてもサビの一押しが 足りない気がしてならないです。他にはM6「Facelift」 なんかもかっこいいです。

Borialis

What You Thought You Heard
★★★★★★★☆☆☆
2004-12track
ラップロックなバンドかっこいいです。とりあえずM4「Don't Mean A Thing」を聴かないと 始まらないでしょう。ただこれがキラーチューンすぎて他の曲のインパクトが薄くなってるのも 事実。今後に期待できます。

Bosco
Herzblut
★★★★★★★☆☆☆
2004-10track
良くも悪くも普通です。ザクザクギターにヘナヘナラップでエモいサビ。 全体的に安定してて捨て曲なしなんですが逆にキラーチューンもない感じ。 3ピースとは思えない演奏だし悪くはないんだけどもうひと頑張り欲しかったな。 Pleymo〜Limp Bizkitが好きな人にオススメです。

Brahman

Grope Our Way
★★★★★★★☆☆☆
1996-5track
1st EP。
今とギターが違いますがこの頃から楽曲の完成度が高いです。 でも残念ながら音質が悪いです。 M1「Artman」M2「Beyond The Mountain」はライブでも めちゃくちゃ盛り上がる曲です。
Wait And Wait
★★★★★★★☆☆☆
1997-5track
Brahmanの2番目に出したCDかな?1stアルバム聞いた後に 買いました。まだまだ荒削りなんですがM4「Roots Of Tree」これは マジ名曲です。俺はこの1曲があるからこの点数ですね。 正直他の曲は聞きません。
A Man Of The World
★★★★★★★★★★
1998-11track
1st。これを聞くと高校時代を思い出します。毎日友達んちで麻雀しながら これかBackdropbombの1st聞いてました。(BDBのとこでも同じこと書いたな) 説明不要だと思いますが民族音楽とメロコアのミクスチャー。 言わずと知れた名曲M3「Anser For...」,サビで切ないM4「New Sentiment」, 琴のようなギターが印象的なM5「Tongfarr」,ゴダイゴのメロコアカバー M7「Cherries Were Made For Eating」,ラテンちっくなM8「No Light Theory」, 超名曲M10「See Off」,そしてラストM11「Toki No Kane」。 相当聞き込みました。初めて行ったライブもBrahmanです。思い入れの強い1枚。
A Forlorn Hope
★★★★★★★★★☆
2001-12track
大学入ってすぐ出た2nd。民族な要素が少なくなりアプローチの仕方が 変わり良くも悪くも聞きやすくなりました。前作に引き続き「静と動」を うまいこと使ってますが本人達はそれ言われるの嫌だったみたいです。 かっこいいのにな〜。この「静と動」が今の僕につながってると思います。 オススメはM3「Shadow Play」M4「Last War」M9「Mis 16」M10「Plastic Smile」
The Middle Way
★★★★★★★★★★
2004-12track
なんかこれ評判良くないですね。俺はここまできたか〜!って 感じだったけど1st大好きな人はもうこれはBrahmanじゃないって 人も多いです。より激しくより切なくなって静と動がよりくっきり 曲を引き立ててます。 相変わらず歌詞は難しいですがこれは結構今でも聞きます。 オススメはM1「The Void」M2「Lose All」M5「Byway」M10「Placebo」
Antinomy
★★★★★★★★★☆
2008-12track+2track
4thアルバム。
出だしのM1「The Only Way」は「Tongfarr」を彷彿させますが これだけでなくなんとなく全体的にA Man Of The Worldと Middle Wayの要素が混ざったような印象を受けます。 そんな中でもM12「Kamuy-Prima」なんかはありそうでなかった 新境地です。M3「Epigram」M6「Oneness」M9「Causation」 M10「Fibs In The Hand」がオススメですがCDよりもBrahmanは ライブバンドです。日本一のライブバンドだと思います。 是非ライブ行ってください。泣けます。
Eternal Recurrnce
★★★★★★★★☆☆
2009-17+1track
リテイクアルバム。
「Group Our Way」「Wait And Wait」「A Man Of The World」 までの曲でAMOTWは全曲、その他はライブでよくやる曲を リテイクしてます。歌い方がライブアレンジされてたり歌詞が 微妙に変わったりしてるので昔をイメージしてる人はあまり 受け付けないと思います。ただ音質がよくなってるので そこは素直に評価できます。ボートラは新曲かと思ったら これまたリテイクですね。

The Brilliant Green
Complete Single Collection '97-'08
★★★★★★★★★☆
2008-17track
デビューからのシングル集。
高校の頃はめっちゃ好きでした。てか個人的に川瀬智子が タイプなだけで聞いてたような気がします。Tommy Heavenlyを やりだしてからめちゃかっこよくなったけどやっぱ M3「There Will Be Love There」M4「冷たい花」 M5「そのスピードで」とか昔を思い出して懐かしくなります。 最近のシングルM16「Enemy」M17「Ash Like Snow」とかは Heavenlyの流れを汲んでて素直にかっこいいです。

Brougham
Le Cock Sportif
★★★★★★★★☆☆
2003-11track
Jason Slater(Snake River Conspiracy, ex-Third Eye Blind)を 中心としたサイドプロジェクト。とりあえずM1「Don't Speak English」でやられます。こすりまくりのアッパーな曲です。 アルバム通してもまったりな曲もあったりでバランスとれてます。 アップテンポな曲はZebrahead、まったりな曲はBad Ronaldを 思い出します。打ち込みを多用してます。はばはばはばって 耳に残るM4「Hubba Rock」もオススメです。

BTK
Birth Through Knowledge
★★★★★★★★★☆
1998-11track
Jack Johnsonがラップしたらみたいなそんな感じです。 サーフっぽいゆる〜い曲にラップやスクラッチが絡んできて ききやすいです。M2「Beats Don't Stop」M4「Peppyrock」とか かっこいいです。Sublime、KMK、Too Rudeとか そっちが好きな人にオススメ。

Bullet For My Valentine
Bullet For My Valentine
★★★★★★★★★★
2005-5+1track
これはヤバイ。とことんメタルな演奏にシャウトとメロディーを混ぜてて聴きやすさも 破壊力も抜群です。M1「Hand Of Blood」からK.O.させられっぱなしです。国内盤にはさらに ボートラで「4 Words」付!SLIP KNOT好きからハードコア好きまで幅広くいけると思います。 これは絶対買いです。
Poison
★★★★★★★★★★
2006-13+2track
前作のEPに続き待望のフルアルバム。若干メロによってる気がしますが相変わらずヤバイです。 国内盤と輸入盤で収録曲が異なりますが初めて買う人は輸入盤の方がいいと思います。国内盤には 前作のM1が収録されてません。でも結局どっちもやばいんですけどね。一応オススメは M2「Her Voice Resides」とかかな。

Bullyrag
Songs Of Prise
★★★★★★★★☆☆
1998-10track
レゲエミクスチャーバンド。
まったりな感じでレゲエ色強めなんですが夏には ぴったりのゆったり具合です。でもM2「Learn To Live」など あげる曲も入っていて聞きやすいです。中盤はM5「Summer Daze」を はじめ哀愁漂う感じでなんとなくFlipsydeなんかを思い出します。 全体的にはAudiowebやDub Warなんか好きな人にオススメ。

CD REVIEW
TOP PAGE
inserted by FC2 system