E


El Postre

Das Fundament
★★★★★★★★★★
2005-15track
これはかっこいい!M2「Wir」からドイツもろだしのラップコアを 聞かせてくれます。リフからかっこいいもんな〜。そのくせ M5「Tief Im Herzen」では♀Voをフューチャーしたメロい曲も聞かせてくれるし アルバムとしてクオリティーが落ちない。どの曲も色が出てて 激アツです。Silversurfer好きは是非とも聞いてください。

Electracy

Beautiful Insane
★★★★★★★☆☆☆
1998-12track
デジタルなポップでキラキラなエモチューンを連発してます。 キーボードをフューチャーしてキラキラになってる ので色が出てきてアルバム通して癒されます。 UKのギターポップバンドな感じが満載です。 「Cosmic Castaway」みたいな曲がなく残念ですが、エモいのが 好きな人は聞けるでしょう。オススメはM3「Strawberry Sunrise」サビで開く感じが たまりません。あとM4「Nineteen」
In Here We Fall
★★★★★★☆☆☆☆
2000-11track
なんかoasisみたいなバンドだな。たまにラップしてる曲ありますが基本的に メロウな曲が多いです。エモは他のバンドで事足りてるので別に いいです。ただね、一言言わせてもらうとM6「Cosmic Castway」は抜群に名曲だ。 ラップからサビへの抜け具合がたまらない。いってしまいそうです。 いや、マジでM6のために買っていいアルバムだよ。

Ellegarden

Ellegarden
★★★★★★★☆☆☆
2001-5track
1stミニアルバム。
この前にCDが出てるかはどうか知りませんがそんな パンキッシュでもなくロックって感じがします。 Pillowsとかそっちの影響が強い気がします。 といっても結局声は細見さんだしメロディーもいいです。 M3「花」M5「ナイフ」が好きです。
Don't Trust Anyone But Us
★★★★★★★★★☆
2002-12track
1stアルバム。
この頃から完成度が高くどの曲もレベルが高いです。 日本が生んだ世界に誇れるエモ・ポップパンクバンドだと 思います。M2「サンタクロース」M8「風の日」は名曲です。 M5「指輪」M6「月」M10「Lonesome」なんかもいいし 2ndよりもこっちの方が好きです。
My Own Destruction
★★★★★★★★★☆
2002-6track
2ndミニアルバム。
6曲しかないんですがその中にロックだったりパンクだったり エモだったり色々な要素を詰め込んでます。 どの曲もレベルが高くいい作品だと思います。 M3「右手」M6「おやすみ」は名曲です。
Bring Your Board!!
★★★★★★★☆☆☆
2003-11track
メロコアも過ぎてNU-METAL聴いてた頃に視聴して即買ったCD。日本人でこんなに英語 うまいやついんのかな?まぁ日本語で歌ってる曲もあるけどエモメロコアって感じですかね。 M3「ジターバグ」はそうとう聴きましたね。重くないけど気分転換したいときに どうぞ!って感じです。
Pepperoni Quattro
★★★★★★★★★★
2004-10track
この3rdは最強です。買うんなら間違いなくこれをオススメします。メロコアにとどまらず スクリーモなどの流れも取り入れてるのですが聴いてるとやっぱりエルレ!全体的に かっこいいけどオススメはM1「Supernova」M3「Make A Wish」M5「バタフライ」 M10「Good Morning Kids」
Riot On The Grill
★★★★★★★★★★
2005-10track
これで人気が爆発しましたね。前作に続き今作ではヘビィロックも 取り入れたりしてます。ただやっぱりエルレなんです。全体的に相当レベルあがってますね。 幅広い音楽層に受け入れられる1枚だと思います。M5「Missing」は名曲です。 他のオススメはM1「Red Hot」M2「モンスター」M3「Snake Fighting」
Elleven Fire Crackers
★★★★★★★★★☆
2006-11track
待ちに待ったエルレの新譜!馬鹿売れ確定でしょうね。 分かりやすいしテンションあがる!日本が世界に誇れる メロディックパンクだと思ってます。しかし、楽曲のバランスが全2作ほど とれてないのが残念です。 オススメはM2「Fire Cracker」M3「Space Sonic」M9「高架線」

Emarosa

This Is Your Way Out
★★★★★★☆☆☆☆
2007-7track
Vo+Gt×2+Ba+Dr+Keyの6人組。
デビューマキシになるがスクリーモというかメタルコアっぽいが キーボードが利いた激しい曲の中に叫びまくりのボーカルが 入り込んでくる。ここまで叫んでるとハードコアっぽいが キーボードが強いのでギリギリ許せる範囲かな。 メタルが得意な人にはもってこいだけどメロよりの曲が好きな 僕にはあいませんでした。

Emil Bulls

Angel Delivery Service
★★★★★★★★★★
2001-14track
Limp Bizkitに対するドイツからの返答ってとこでしょうか? こすりまくりのヘビーなトラックにラップ,シャウトが 絡んできて重さとメロディーのバランスもばっちりとれてる! Kornの影響も感じますがやっぱLimpの影響が強いですね。 M1「Angel Delivery」M2「Style Scool」M11「Tomorrow I'll Be Back」などかっこいい曲目白押し!A〜haのカバーの M14「Take On Me」もあり激プッシュな1枚です。 Limp Bizkit,Pleymo,Linkin Park等のファンは必聴!
Porcelain
★★★★★★★☆☆☆
2003-13track
ラップ激減です。なんかよりKORNっぽくなってしまいました。 それもかっこいいけどアルバム1枚聞くときついな〜と思う。 M10「This Day」はめちゃめちゃ好きです。 まぁでも前作があれば十分な気もします。ちなみにCCCDです。

Emissarius

Awakening The Metamorphosis
★★★★★★★☆☆☆
2005-13track
Evanescenceがラップしたらこんな感じになるんでしょうか? ゴスっぽい曲に♀Voと♂MCが絡みます。Seminole Countryとか 近い感じだけどもっとゴスです。なんとなくBlackmore's Nightを 思い出したりします。♀がもっと頑張ってくれればもう一化け しそうな感じです。M6「At Any Moment」M7「Season Of Metamorphosis」がオススメ。

Endo

Evolve
★★★☆☆☆☆☆☆☆
2001-13track
Presenceとかそっちっぽい感じ。RockとHip Hopをうまく消化できてません。M9「Program」は まぁまぁ聴けるけどその他は...う〜んって感じです。

Enhancer

Et Le Monde Sera Meilleur
★★★★★★★☆☆☆
2000-19track
2nd?聴いてから購入しました。この頃から3MCの掛け合いは健在ですがEnhancer節とも いえるような独特なサビメロがまだ影を潜めてます。M2「Trace」M11「Kids」がオススメですが Street Trashのインパクトには及びません。
Street Trash
★★★★★★★★★★
2003-14track
まじでやばいアルバム!これを聴かずして何を聴く?という位名盤です。 M1「Street Trash」からM5「Existanceま」でかっこいいサウンドを聴かせてくれます。 Limp BizkitっぽいけどLimp Bizkitよりメロがあって3MCがばっちり決まっているので言うことなし。 マジおすすめ!
Electrochoc
★★★★★★★★★★
2006-12track
待ちに待ったEnhancerの新作。前作よりヘヴィーになってます。 段々メロよりに行く最近の傾向にあえて逆行してる気がする。 2曲目からザクザクなギターに3MCが絡むEnhancerらしい曲を 聞かせてくれたと思えばジャッケトが表すように80年代みたいな お洒落な曲もあったり前作のように哀愁ただよう曲もあったりで アルバムとしてバランスが取れてます。聞いて損なし。 オススメはM2「Hot」M7「La Pression」M8「Fat」M11「A 100 A L'Heure」。 特にM11は必聴です!!

Enter Shikari

Take To The Skies
★★★★★★★☆☆☆
2007-17track+DVD
レイブmeetsメタルってことでスクリーモバンドがトランスの要素を いれてみました。スクリーモ加減はSTOYとかみたいなメロの強い スクリーモです。M12「Sorry, You're Not A Winner」を初めて 聞いたときは即KOでした。確かに誰も着手してないような面白い 曲展開をしてるんだけどアルバム通してこれは正直きついです。 シングル曲はいいけど次回作はもう少し頑張って欲しいです。 M4「Anything Can Happen In The Next Half An Hour」も オススメです。

Epik High

Map Of The Human Soul
★★★★★★★★☆☆
2003-15track
3人組ヒップホップグループ。 キャッチャーなヒップホップです。大人っぽさもありながら 子供っぽさもありいい感じ。韓国語のラップといえばソテジとか その辺しか頭にないですけどあまり違和感なく入ってきます。 響きはなんとなく日本語っぽいのかなと思います。 Viva〜の頃のDAとか好きな人にオススメ。
High Society
★★★★★★★★☆☆
2004-17track
相変わらずキャッチャーな2ndです。 1stにも言えることなんですが♀コーラスの使い方がうまいです。 これがキャッチャーさやムード感漂う感じの曲に+に働いてる んだと思います。M5「Lesson 2」M18「I Remember」がオススメ。
Black Swan Songs
★★★★★★★★★☆
2006-16track+9track
2005年発売の3rd「Swan Songs」にRemix CDをつけた再発盤。
前作より大人っぽくなった感じでムード漂うヒップホップかな。 M4「Fly」は必聴だしM10「Paris」M11「Let It Rain」なんかも オススメ。Remixも原曲の雰囲気を大事にしながらかっこよくなって ます。M2「Paris」は原曲よりもこっちの方が好きです。
Remapping The Human Soul
★★★★★★★★★★
2007-13track+14track
4thアルバムにして2枚組みです。
てかめっちゃかっこいいです。おしゃれなヒップホップにさらに 輪をかけてますし聞きやすいしロックな曲はLinkin Parkみたいな サンプリングだし完璧な感じさえします。 2枚27曲(+1)とボリューム満点なのに飽きがこないです。2枚目の方が 好きですがどちらもいいです。1枚目からM2「白夜」M12「魂」 2枚目からM2「Flow」M10「Love Love Love」なんかがオススメ。 Fort MinorとかKMK好きな人にオススメ。
Pieces, Part One
★★★★★★★★★☆
2008-18track
5thアルバム。
M1「Be」から大人っぽくなった一面を見せてくれますが続く M2「Breakdown」ではがっつりきます。んでもってインストを はさんでリードトラックのM4「One」へとこの辺の流れをすごく 考えて作ってるんだなという印象を受けます。色んなジャンルの ヒップホップを違和感なくアルバムに収録しているので 飽きにくいですし特に聞きたいジャンルのないときに 持ってこいです。M8「The Future」なんかはありそうで なかった曲だしSeotaijiの「教室のイデア(Remix)」みたいに 韓国は最近こんな電子音ガンガンな曲が流行ってるんですかね?

Erskin
Check
★★★★★★★★★☆
2004-5track
Gt+Ba×2+Dr+DJの5人組。
4106(Scafull King)、有松益男(Backdropbomb)、 河辺真(Smorgas)、DJ OG、尾崎力(Spoony)という激豪華な メンツです。ゲストでKOHKI(Brahman)も参加してます。 5曲入りのEPで歌もありますが正直歌はおまけです。 しかし、この音は絶対聞いたほうがいいです。ダンスミュージックの ようなロックのようなジャズのようなとにかくミクスチャーですが ヤバイです。M2「Self Control」M3「God」はヤバスぎます。
Ask In Style
★★★★★★★★☆☆
2004-12track
1stアルバム。
相変わらず音を楽しませてくれます。前作と収録曲が かぶってないのは素直に嬉しいですね。ほんとに Erskinは色々な音を楽しませてくれます。ロックな インストアルバムです。M3「Now Or Never」 M9「Youngstar」

Evanescence

Orijin
★★★★★★★☆☆☆
2000-16+3track
インディーズ盤です。この前にEPが2枚ほど出てるみたいなんですが 高すぎて手が出ません。あんま頑張って出すつもりもないけどww Fallenと結構収録曲がかぶってますが僕の持ってるのはヨーロッパの 再発盤でBring Me To LifeのClub Mixが聞けます。結構好きです。
Fallen
★★★★★★★★★☆
2003-11track
この頃はサントラとかオムニバス買っていい曲が入ってたら CD買いに行くという手法を取ってましたがこれは即買いに行きました。 デアデビルのサントラ買ってM2「Bring Me To Life」に一発KOでした。 ♀Linkinということで期待大でしたがラップしてませんね。 でも普通に好きです。ミクスチャーの可能性を示した1枚だと 思ってます。M1「Going Under」M4「My Immortal」もオススメ。
The Open Door
★★★★★★★★☆☆
2006-11track
待望の2ndアルバム。
Gtが抜けたのが痛かったのかかっこいいし雰囲気も出てるが 何かが足りない・・・そんな印象を受ける。聞かせる楽曲が 増えたことも一因だろうか?ヘビィなギターサウンドだけど 同じような感じだから新鮮さがなくなっているのだろうか? 何にせよM2「Call Me When You're Sober」は待っていてよかった と思わせる1曲です。

Eyes Set To Kill

When Silence Is Broken The Night Is Torn
★★★★★★★★☆☆
2007-9track
2Vo+2Gt+Ba+Drの6人組み。
スクリーモバンドで♀Voがクリーンパートで♂Voが スクリーモパートやってます。はじめ聞いたときは少し やりすぎかな?と思ったけど聞けば聞くほどはまって いきます。M3「Liar In The Glass」M4「Darling」が 相当かっこいいです。あがるしメロもきちんとしてるし。 M8「Beauty Through Broken Glass」は♀Voのみのしっとり 聞かせる曲になってます。インストが2曲入ってますがこれも いい感じで曲のつなぎになってて通して聞きやすいです。 FlyleafとかUsed好きな人にオススメです。

CD REVIEW
TOP PAGE
inserted by FC2 system