T


Tanok Na Maydani Kongho

Syla
★★★★★★★★★★
2005-22track
さすが今注目の中東。トルコといいレベル高いです。音は 民族的要素に少しジャズな感じが入ってます。こすってるし ラップしてるしあげてる曲も聞かせる曲もあってバランスが いい!!ピアノが効いて癒し系なM5「Zabuv」M11「Hranuly」, QuarashiのStick'Em Upを彷彿させるM13「Klouny」などなど オススメ曲がいっぱいあります。西海岸系が好きな人は こっちの方向に行っても絶対はまると思う。

Tartak

Gulyajgorod
★★★★★★★☆☆☆
2005-12track
企画盤なのか全曲♀ボーカルがフューチャーされてます。 M1「Oy nema toho」では妖しげな雰囲気な♀にラップ絡んで きていい感じですがM2も・・・なんか個々をとると結構 好きなんだけどアルバム通すとう〜んって感じです。 基本的に♀ボーカル+ラップは好きなんだけどこの アルバムに関しては裏目に出てる気がします。 なんとなく日本の古い民謡?歌謡曲?そんな印象を受けます。
Sliozy Ta Sopli
★★★★★★★★★★
2006-15track
ガンガンラップしてこすりまくってます。ウクライナらしさというか TNMKのアップテンポな曲に通じるようなそんな感じです。 M1「Pomyraie Tvoia Lubov」からサンプリング+スクラッチを 使った曲展開を繰り広げていきます。聞かせる曲のM5「Ia Ne Znayu」もいい感じだしアルバム通して申し分ないです。 TNMKだけでなくmNga、Vip's、Zebraheadに通じるような雰囲気あって ロシア語のラップも冴えてます。 他にもM4「Omana」M6「Ne Varta」M13「Vono」M14「Meni Vse Odno」 なんかがオススメ。

THC!!
Teens Hate Chains
★★★★★★★☆☆☆
2003-8track
T.K.N(鉄拳)のリズム隊と男女Vo+♀MCが組んだバンドの 1st。ポップな楽曲にパンクっぽい演奏がのります。 M3「雪」は冬に聞きたい曲ランキングとかでよく見ます。 M1「Unstoppable」M7「Over The Distance」がオススメ。
Tribal Hearts Calling !!
★★★★★★★☆☆☆
2004-10track
2ndアルバム。
前作とそんなに変化は感じられません。このバンドは あがる曲よりも聞かせる曲の方がしっくりきます。 もっとかっこいい曲作れるようになってほしいです。 M10「Communication」がオススメですが1st、2ndのいい曲は 3rdに入ってるので3rd1枚あればいい気がします。 ちなみにCCCDです。
Time Has Come!!
★★★★★★★☆☆☆
2005-16track
♂ラップ+♀ラップ+♀ボーカルの6人編成のバンド。 レゲエ、R&B、パンク、ロックなどの要素が多い。 ガキっぽい感じの曲が多いがそれなりに聴ける曲もある。 なんかHYに似てる曲もあったり聞き苦しい曲もあったりするので 視聴して買うことをオススメします。M6「Turn Out」なんかはいい感じなのにな〜。

Thee Michelle Gun Elephant

TMGE 106
★★★★★★★☆☆☆
2000-17track
ミッシェルのベスト。
完全ベストってわけじゃないけど個人的にこれが1番好きです。 M2「スモーキン・ビリー」で知りましたがなんといっても ラスト3曲M15「世界の終わり」M16「GT 400」M17「ダニー・ゴー」 これがマジかっけ〜です。ガレージロックって言うのかな? よく分からんけどミッシェルは好き嫌いがはっきりします。

Theory
Transitions
★★★★★★★★★☆
2005-7track
さわやかなラップコアです。 軽いサウンドに癒し系なメロ、高速ラップが絡んできます。 前半は癒し系の曲後半は少しアップテンポな曲です。 レベルが高く聞けば聞くほど病みつきになるアルバムです。 オススメはM1「Beautiful Sunset」M2「Let It Go」M3「Fear Of Being Burned」 M5「Are You Gonna Take That」。M5はなんとなくBorialisの「Don't Mean A Thing」 を思い出します。全体的には311,Pax217好きにオススメ。

Third Eye Blind

Third Eye Blind
★★★★★★★★★☆
1997-14track
これは有名なバンドでしょう。M1の「Losing A Whole Year」 からやられてしまう。癒し系のロックです。M3「Semi-Charmed Life」で 有名ですが個人的にはM1ですね。全体的に聞きやすいです。

Tic Tac Toe
Tic Tac Toe
★★★★★★☆☆☆☆
1996-12track
♀3人組みのヒップホップグループ。ジャーマンラップをかけあって くれますがいかんせんヒップホップ色が強いな〜。 ♀ジャーマンラップで新鮮なだけに惜しいな〜。オススメはサンプリングと ラップの掛け合いが絶妙なM4「Verpiβ' Dick」

Toby Mac

Momentum
★★★★★★★★★☆
2001-18track
トビーがマックしました。ロックなヒップホップを主体にR&Bな要素も 入ってて聞きやすいかつかっこいいです。Quarashiとか好きな人は 気に入ると思うけどQuarashiより全然かっこいいです。いえ、決して Quarashiがあんま良くないわけでなくトビーが良すぎるという説も あります。ただジャンル的に相当広いです。でもどれも聞きやすいから い〜んだけどね。オススメはM1「Get The Party Started」M2「What's Goin Down」

Tommy Heavenly6

Tommy Heavenly6
★★★★★★★★★☆
2005-11track
The Brilliant GreenのVocalのソロプロジェクト。 元々ブリグリの頃からVocalが好きだったんですが 何を勘違いしたのかM1「2Bfree」から重いです。 重たいJ-POPです。Avril Laveignの2ndとものすごいかぶります。 M2「Ready?」とかマジそれっぽいです。デビューシングルの M3「Wait Till I Can Dream」とかドラムが効きすぎてます。 でもM11「Hey My Friend」でシュンとするのは根っからの 邦楽好きだからなのかもしれません・・・。
Heavy Starry Heavenly
★★★★★★★★★☆
2007-12track
相変わらず出だしが重いです。M1「Heavy Starry Heaven」から やっちゃってくれます。どことなくV系っぽいですが ロックしてます。演奏と唄が噛み合ってるのか疑問ですが 好きだからまぁいいです。M3「I'm Gonna Scream+」 M4「My Bloody Knee-High-Socks」M8「About U」なんかも オススメ。

Too Rude

Too Rude
★★★★★★★★★☆
2000-15track
まったりレゲエなラップを聞かせてくれます。朝寝覚めに聞くと いい感じです。でも僕は昼過ぎに起きるんで関係ありませんが。。。 ピアノを結構多用してる気がします。キラーチューン的なものはないけど 常にハイクオリティーです。どの曲聴いてもいいよ。でも音楽聞こうと して聞くアルバムでなくなんとなく流して聞くアルバムやと思います。 個人的にはM1「Do You Feel What I Mean?」M2「New Sheriff」が オススメです。

Toothpick

Time Travellin' Couch
★★★★★★★★★☆
2004-13track
アコースティックなサウンドにラップがのっかります。 スクラッチも入りながらのんびり聞けます。西海岸系ですね。 サビでは歌ってますしBad RonaldとかSublime好きな人は はまると思います。Jack Johnsonがラップしたみたいな感じです。 オススメはM1「Time Travellin' Couch」やTrik TurnerのFriends & Familyを彷彿させるM2「Scars For Entertainment」M13「Super Size Me」です。

Tribal Ink

Surrounded By Freaks
★★★★★★★★★☆
2003-12track
Vo+Gt+Ba+Drの4人組。
明らかにLinkin Parkを意識した曲構成になってます。 ヨーロッパっぽい感じも入っててドイツのNevada Tanなんかと 同じような雰囲気です。元々メジャーリリースでないのでレアな 音源ですが全部キャッチャーでかっこいいです。 特にM4「Refugee」がオススメ。個人的にLinkin方式ってサビで 開くことよりもサビまでの溜め方が好きな気がします。
2008年現在はGtが加入して5人になってます。

Trik Turner

Trik Turner
★★★★★★★☆☆☆
2002-12track
Linkin Parkのチェスターのオススメってことでプッシュされてましたね。 音は西海岸に重い要素が入ったって感じです。メロウなヒップホップだけど 演奏はゴリゴリです。オススメはM2「Sacrifice」M3「Friends And Family」

Troides Priamus Hecuba

Bienvenue A Bioz Land
★★★★★★★★☆☆
2004-15track
FFKKにハードコア色を加えた!!そんな 感じのバンドです。フュージョンハードコアってとこかな? (そのまんまじゃんか!)なんといってもM5「PMoU」でしょ。何を 言ってるか全く分からないけどテンション上がります。 他にもM15「Pt L'Poing Sur La Table」なんかもオススメ。

Trust Company

The Lonely Position Of Nutral
★★★★★★★★★★
2002-11track
モダンロック。初めて聴いたとき声がチェスターと区別つきませんでした。 友達にもLINKINの2ndだって言って聞かせたら信じてました(笑) でもこいつらはマジでかっこいい、ほんと洋楽でラップを使わないでここまで かっこいいのは記憶にないな。全曲キラーチューンですが 特にオススメはM1「Downfall」M8「Deeper Into You」
True Parallels
★★★★★★★★★☆
2005-13track
発売延期されまくって1年以上待ったな。相変わらずTrust Co.節全開ですが何か変化が 欲しかった気もするのでこの評価です。M1「Stronger」必聴!
(追記:このアルバムが最後のアルバムとなりました。)

CD REVIEW
TOP PAGE
inserted by FC2 system