New Review


Dragon Ash

Freedom
★★★★★★★☆☆☆
2009-14track+DVD
8thアルバム。
前作の流れから変わらず、ちょっとスクラッチが増えた? ラテンな乗りでM2「Freedom」M3「Desperado」と最近のDAっぽい 音が続きます。M7「Mixture」ではタイトル通り全盛期の音に ラテンを混ぜたような曲でかっこいいけどもう一歩ってとこです。 まぁでもメインはSBKとのM11「Episode6」ですかね。 でもやっぱ全盛期のEpisodeには及ばない。。。
Mixture
★★★★★★★★★★
2010-12track+DVD
9thアルバム。
原点回帰を合言葉に「Viva La Revolution」「Lily Of Da Valley」の 頃のDAが帰ってきました。この音を待ち望んでる人が 多かったのでは?と思いますがやっぱDAと言えばこれでしょ! ディストーションかかったギターにラップ、スクラッチが思う存分 暴れてます。ゲストもTakuma(10-Feet)や Satoshi(山嵐)と豪華ですが流れがいいな〜と思います。 曲自体は正直「Lily〜」には及ばないけど積み重ねてきたものが 歌詞に表れています。初めて聞いたときには微妙と思った M12「Rock Band」もこの流れで聞くと良すぎる(笑) しょっぱなあげるだけあげて急に聞かせてミドルテンポなロック、 もう1回あげて最後にメッセージソングとやっぱKjは確信犯だな〜と 思います。というか個人的に好きな流れというだけです(笑) どの曲もかっこいいけど流れという意味ではM7「Economy Class」が 好きです。
2000ではないMixture ver2010ってとこですね(笑)

Acidman
Alma
★★★★★★☆☆☆☆
2010-11track
8thアルバム。
前作よりさらに攻めようとしている感じがしますが M2「風が吹く時」でこんなメロコアだったっけな?って 印象を受けました。M4「Dear Freedom」はかっこいいけど なんとなく前半の攻めパートが後一歩足りない感じです。 後半の聞かせるパートがここ数年で1番弱いかな〜。 バランス感覚が好きなんだけど今回はちょっと損した気が。。。

小久保淳平
Hallelujah 〜The beautiful world〜
★★★★★★★★★★
2010-11track
7年ぶりの3rd。
突然メジャー舞台から消え、Swishというバンドを組み解散し 再び表舞台へと出てきました。7年待たせただけあってらさしと 成長の両面がうかがえる渾身の1枚になっています。 M1「Hello, all the people」で妖しげに始まりますが すぐM2「未来を僕らの手に」では管が入ったロックチューン、 M3「Polka Dots」はデジタル全面だったシングル時より ロックな面が出てきて絶妙なバランス、そしてM4「Hallelujyah」で 聞かせてくれます。後半のセルフカバーもいいですが最後の M11「Beatuiful World」は感無量です。 これぞロックな1枚です。

Am7

Am7
★★★★★★★★☆☆
2010-11track
北九州在住のトラックメーカーTsunenoriのコンセプトアルバム。
Remix集になってますが煌びやかというかとにかく綺麗な Jazzy Mellowになってます。映画を彷彿させるような曲展開には 胸が裂けそうになる切なさがあります。しかしアルバム1枚通して そうなってるので通すのはきついかも。1曲1曲はクオリティが 高いのにアルバムとしては聞きづらいです。オススメは M1「Soul Away Am7 Remix」M7「Lights,Camera,Action Am7 Remix」

Cradle Orchestra
Metaphorical Music
★★★★★★★☆☆☆
2010-15track
2ndアルバム。
お前もかCradle!という具合にJazzy Mellowは出落ちが多いと 最近よく思います。1stには及ばない、感じ的にはDeckstreamの 1st→2ndの流れと同じか・・・。前半はフューチャリングが すごいらしいですがあんまりぱっとしません。悪くはないけど 前作が良すぎたかな〜。後半はM9「Picnic」とか実験的で面白いし M13「I Never Knew」ではメロウな和物でいい感じですが アルバム通すと前作には遠く及ばないかな〜。

DJ Deckstream

Soundtracks
★★★★★★★★★★
2007-14track
1stアルバム。
イントロから幕開けのM2「Play On」でやられてしまいます。 曲展開やアルバム構成がとにかくハイレベルで飽きがきません。 年中通して聴けるJazzy Hip Hopの名盤。M2と共に特にオススメが M4「Inconvenient Truth」M12「Memory Of Melodies」 M13「Still Here」です。
Soundtracks 1.5
★★★★★★★★☆☆
2008-11track+16tracks
HMV限定の企画盤。
新曲にアナログや配信のみの曲、リミックスを集めた1枚目と Mix CDの2枚組仕様になっています。前作に比べると力不足は 否めない感じになってますがそれでもM4「Trains & Planes」 M8「Precious Love」なんかはさすがです!Deckstreamのルーツを 見るという意味でMix CD目当てでもいいのでは?と思います。
Soundtracks 2
★★★★★★★☆☆☆
2009-12track
2ndアルバム。
フューチャリングが豪華だって書いてあったけど トラックで勝負してほしいなと思います。別にトラックが 悪いわけではないけど1stには及ばないです。 というかトラックとラップがあってないのかな? 悪くないのに違和感があります。 M6「For My Ladies」M10「Destination Sky」は聞くけど アルバムとしては1stの方が好きです。

Still Caravan

Out Of Place
★★★★★★★★☆☆
2009-6track
1st EP。
2MC+1DJの3人組ですが♀コーラスもサブメンバーみたいな感じです。 ヒップホップ色が強いですが日本語と英語をいったりきたりします。 声の感じからもMonkey Majikを彷彿させますがMMをもっと男向けに した感じです。かっこいいけど聞きやすいヒップホップですかね。
A Human
★★★★★★★★☆☆
2010-12track+2track
1stアルバム。
というかこの初回特典が前作(1st EP)だったんです(笑) それだけでなくTommy Wealth、DJ Whitesmithのそれぞれによる Remixが目当てで買いました。Tommy Wealthは2010年最もお世話に なったと言っても過言ではありません。Remixがいちいちかっこいい。 ということで初回限定の付属CDから「Colored snow (Tommy Wealth Remix)」「Fly me (DJ Whitesmith Remix)」が オススメです。

CD REVIEW
TOP PAGE
inserted by FC2 system