JAPAN


The Brilliant Green
Complete Single Collection '97-'08
★★★★★★★★★☆
2008-17track
デビューからのシングル集。
高校の頃はめっちゃ好きでした。てか個人的に川瀬智子が タイプなだけで聞いてたような気がします。Tommy Heavenlyを やりだしてからめちゃかっこよくなったけどやっぱ M3「There Will Be Love There」M4「冷たい花」 M5「そのスピードで」とか昔を思い出して懐かしくなります。 最近のシングルM16「Enemy」M17「Ash Like Snow」とかは Heavenlyの流れを汲んでて素直にかっこいいです。

Go!Go!7188

ベスト オブ ゴー!ゴー!
★★★★★★★★★☆
2006-17track+2track
Vo/Gt+Ba/Vo+Drの3人組。
ベストアルバムですが邦楽っていいなって思う1枚です。 M1「こいのうた」は誰でも1度は聞いたことがあるくらいの 名曲では?和を感じさせる楽曲に切ないメロディーがのる 曲が持ち味だと思いますがアッパーな曲もあってバランスが いいです。他にはM2「C7」M8「考え事」M17「神様のヒマ潰し」 なんかがオススメ。

Greeeen
あ、どうも。はじめまして。
★★★★★★★★☆☆
2007-11track
覆面4人組ヒップホップグループ。
M3「愛唄」で知りましたがアルバムを期待してなかっただけに やられました。始めは以外にいいかなって感じだったけど 聞けば聞くほど好きになりました。ちょっと懐かしいような メロディーを2007年風にリメイクした感じでしょうか? オリジナリティーとかって評価するとまだまだですが ストレート&シンプルな感じが好きです。もう少し練って ほしかった気もしますが悪くないです。 M2「Day By Day」M3「愛唄」M4「ハジケロ」なんかがオススメ。
あっ、ども。おひさしぶりです。
★★★★★★☆☆☆☆
2008-12+1track+DVD
2ndアルバム。
前作がわりかし気に入ったのとDVD付で安かったかたら 買ったはいいけど正直変化が見られないというか前作より 退化してるようなそんな気がします。アルバム曲は微妙だし やっぱJ-POPには限界があるのかと感じてしまいます。 1番好きなのはオルゴールのM13「夜空のキセキ」だもんな〜。

Hy
Departure
★★★★★★☆☆☆☆
2002-7track
1stアルバム。
これが出たときは初めてバンドとして自分より 年下の世代が出てきたんだな〜と驚かされたものです。 ポップミクスチャーっていうかM1「ホワイトビーチ」から 和みます。でもラップは正直下手ですね。M4「Ocean」 M7「旅立ち」とかは今聞くと懐かしいな〜と思いますが その他の曲は恥ずかしくなってきます。
Street Story
★★★★★★☆☆☆☆
2003-12track
2ndアルバム。
これで一気にシーンのメインどころに出てきた記憶があります。 M1「AM11:00」は聞かせるけどミクスチャーっぽい曲もあり 中途半端な感は否めません。実はHYはなんだかんだでライブを よく見てます。いや、見てました。昔の記憶ですがあんま うまくなかった気がします。M6「かなぶんの羽」のイントロが 好きです。相変わらずラップは・・・
Trunk
★★★★★★★☆☆☆
2004-11track
3rdアルバム。
この頃は既に興味がなくだいぶ後になってから聞いた記憶が あります。アルバムを聞くよりもとりあえず毎回出てくる 限定盤が相当頭にきてました。本気でせこいわと思い気付けば 若干嫌いな感じになってました(笑)
アルバムの方は相変わらず移行期というかまぁ1stの頃の感じは なくなってきてますがイマイチ微妙な感じです。そんな中でも M11「Song For...」は名曲だと思います。後はM1「てがみ」も 好きかな〜くらいであんまし聞きません。
Confidence
★★★★★★★☆☆☆
2006-12track
4thアルバム。
なんか方向性が決まったようなそんな印象を受けます。 聞かせる、とことんポップさを追求したアルバムだと思います。 M1「モノクロ」から始まりアップテンポな曲も全てが ポップというカラーに統一されました。M10「NAO」を聞くと やっぱHYはバラードやな〜と思います。
Hearty
★★★★★★★★★☆
2008-13track
5thアルバム。
完全にポップなアルバムになってますね。昔のミクスチャー色は ほぼ皆無ですがこれはこれでいい感じだと思います。 ポップバンドって感じで安心して聞けます。今までで1番いい アルバムだと思いますがそれだけに訳の分からん限定盤の嵐に ショックを隠しきれません。M1「散歩に行こう」M2「未来」 M3「小さな優しさ」の流れが好きです。後はM9「出会い」とか 好きですけど歌詞がこっぱずかしいですね(笑)
にしてもジャケットの種類の多さ・・・売り方がせこい。

Photograph

全世界に告ぐ
★★★★★★★★☆☆
2004-11track
Vo+Gt+Ba+Dr+keyの5人組の1st。
ex-SnifのVo、Baが中心に結成されたバンドだがSnifとは 異なりPop全開の楽曲になってます。声質がいいから全然Popな 楽曲にもあってますしKeyが効いているので聞きやすいです。 M8「Y」を始めM11「桜」など響く曲の入っているアルバムですが 最初に出したDemo音源の3曲が無敵です。1曲も入ってないのが残念!

Radwimps

Radwimps
★★★★★★☆☆☆☆
2003-13track
Vo+Gt+Ba+Drの4人組。
これが出たときに高校生だというからセンスを感じます。 曲展開が激しくファンクやロックやヒップホップ, ポップパンクなど様々なジャンルを自分らなりにこなしてます。 いわゆるミクスチャーですが曲によって感じが全然違うんで 良くも悪くも統一性がなくアルバムとして受け入れるのは 難しいです。のれる曲はいいけど聞かせる曲がまだまだですね。 オススメはM6「コンドーム」M10「「ぼく」と「僕」」 M12「愛へ」
Radwimps 2 〜発展途上〜
★★★★★★☆☆☆☆
2005-14track
演奏はかなりうまくなったけどなんかオリジナリティー減ったな。 どっかで聞いたことあるリフやメロディーがちらほら。 後は前作もそうだったけど歌詞が幼い。はまってる曲はいいけど この曲になんでこの歌詞?ってのもある。たまにイラッとします。 オススメはM2「なんちゃって」M6「愛し」M8「キヒコモロリン」 M12「シリメツレツ」
Radwimps 3 〜無人島に持っていき忘れた1枚〜
★★★★★★★★☆☆
2006-12track
メジャー1弾。相当レベルあがってますね。 歌詞は相変わらずう〜んって曲があるけど捨て曲が確実に 少なくなってます。ただ幅が広すぎるので誰でもどれか好きに なれる曲は入ってる代わりにアルバムとしてはあんまり 受け入れられないと思います。M3「イーディーピー」 M10「へっくしゅん」はLinkin方式な感じですが歌詞がな〜。 聞かせる曲になるM9「最大公約数」は個人的に歌詞も曲も 好きですね。
Radwimps 4 〜おかずのごはん〜
★★★★★★★★★☆
2006-13track
確実にアルバムごとに出来がよくなってきてます。 聞こうかなと思ったらこれから聞くのがベストでしょう。 アルバム通してやっぱ曲がバラバラなんだけどアルバムと して聞けます。後はやっぱ歌詞がどうなんだ?ってのが けっこうあるからな〜。そこはなんとかしてほしいけど なんとかしたらこのバンドとしての良さが薄れる気もします。 バキバキファンクなM2「ギミギミック」,エルレを彷彿させる M3「05410-(ん)」,へっくしゅんを彷彿させるM7「セツナレンサ」 などいい曲はいってます!
アルトコロニーの定理
★★★★★★★★★★
2009-13track
続いてた「Radwimps〜」シリーズも終わり第2期的な感じかな? 雰囲気そのままに歌詞もラドさしさを失わずにまともになり めちゃいい感じです。M1「タユタ」の幻想的な入りから M2「おしゃかしゃま」では暴れ放題。M6「One man live」 M7「ソクラティックラブ」M11「魔法鏡」といったあげる曲は 文句なし!M9「雨音子」M10「オーダーメイド」といった 聞かせる曲も雰囲気出てますが若干バラードが多いような 気がします。にしてもかっこいい。

Shuubi
愛の種目
★★★★★★★★★☆
1999-11track
亜矢とか椎名林檎とか好きな人はいけると思う。まぁポックな曲に どろどろした感情を吐き出すような歌い方をします。かっこいいロックだな。 でも随所で癒されたりもします。 M8「会えない人」とか聞くとしゅんと なってしまう。。。M2「うららかな」もオススメです。
Dummy
★★★★★★★★☆☆
2001-11track
前作のような感情を吐き出すような曲が減った気がします。 ポップになったんかな〜。M9「反逆者」は椎名林檎まんまです。 でも好きだからいいです。なんとなくM2「ブレス」のサビも それっぽいです。椎名林檎好きは是非聞いてください。
Shuubi
★★★★★☆☆☆☆☆
2005-11track
3作目にして初のセルフタイトル。
アコースティックサウンドに重点を置き1stとは全く違った 感じになってます。シンプルな音で勝負したかったのでしょうが あんまり聞きません。

Tommy Heavenly6

Tommy Heavenly6
★★★★★★★★★☆
2005-11track
The Brilliant GreenのVocalのソロプロジェクト。 元々ブリグリの頃からVocalが好きだったんですが 何を勘違いしたのかM1「2Bfree」から重いです。 重たいJ-POPです。Avril Laveignの2ndとものすごいかぶります。 M2「Ready?」とかマジそれっぽいです。デビューシングルの M3「Wait Till I Can Dream」とかドラムが効きすぎてます。 でもM11「Hey My Friend」でシュンとするのは根っからの 邦楽好きだからなのかもしれません・・・。
Heavy Starry Heavenly
★★★★★★★★★☆
2007-12track
相変わらず出だしが重いです。M1「Heavy Starry Heaven」から やっちゃってくれます。どことなくV系っぽいですが ロックしてます。演奏と唄が噛み合ってるのか疑問ですが 好きだからまぁいいです。M3「I'm Gonna Scream+」 M4「My Bloody Knee-High-Socks」M8「About U」なんかも オススメ。

斉藤和義
歌うたい 15
★★★★★★★★★★
2008-15track+15track+8+3track
15周年記念の3枚組みシングルコレクション。
そのまま年代順に曲を並べていますが個人的には Disc2が1番好きです。M1「歌うたいのバラッド」は 超名曲ですしM2「Hey!Mr.Angryman」やM4「アゲハ」、 M7「月の向こう側」など名曲揃いです。Disc1からは M1「僕のみたビートルズはTVの中」M4「歩いて帰ろう」など。 Disc3からはM1「ウエディング・ソング」とかが好きです。 値段も手ごろですし買って損はないと思います。

椎名林檎
無罪モラトリアム
★★★★★★★★★★
1999-11track
この後の邦楽に多大な影響を与えた1stアルバム。
ポップでありながらロック!巻き舌を多用しながら彼女にしか 出せない詩の世界で聞き手を虜にしていきます。懐かしいけど 時間が経っても色褪せない楽曲ばかりでまさに名盤といえる アルバムです。オススメはM2「歌舞伎町の女王」 M3「丸の内サディスティック」M8「ここでキスして。」
勝訴ストリップ
★★★★★★★★★★
2000-13track
人気を決定付けた2ndアルバム。
シングルが売れに売れる中のアルバムだった記憶があります。 アルバムとしてみると1stの方がいい気がしますが M4「ギブス」M7「罪と罰」M12「本能」の先行シングルで やられてしまいます。音はエフェクター多めで意図的に 荒々しくしてるような気がします。後はM5「闇に降る雨」とか オススメです。
加爾基精液栗ノ花
★★★★★★★★★☆
2003-11track(CCCD)
強烈なまでに和を感じさせるアルバムになりました。 日本版レディオヘッドというか前2作と全く違った展開です。 賛否両論で正直初めて聴いたときは微妙なアルバムでした。 この世界観は彼女にしか出せないと思います。 前作のような曲調もあるけどM1「宗教」は衝撃的です。
私と放電
★★★★★★★★★★
2008-11track+11+3track
カプリングとアルバム未収録曲を集めたもの。裏ベストと 言っても過言ではないくらいクオリティーの高い曲が 集まってます。2枚組の1枚目がやばすぎます。M4「眩暈」を 始め前半収録の曲はまさに初期の林檎な曲ばっかり。
三文ゴシップ
★★★★★★★★★★
2009-14track
4thアルバム。
どこでも言われてるけど椎名林檎としては6年振りです! M1「流行」で幕を開けたかと思えば第一声が林檎じゃない! そんなところも林檎らしいですが1stや2ndとは違った 東京事変があったからこそ出来たであろうアプローチを してます。オルタナというよりはジャズなんかがメインだと 思いますがそれでも東京事変ではない椎名林檎を 聞かせてくれます。正直初期の方がって人もたくさんいると 思いますが聞いて損はないと思います。M1「流行」 M5「カミソリ乙女」M9「マヤカシ優男」なんかがオススメです。

CD REVIEW
TOP PAGE
inserted by FC2 system