USA


+44

When Your Heart Stops Beating
★★★★★★☆☆☆☆
2006-12track
Blink182のマークとトラヴィスが組んだバンド。
特にこれといった特徴もなく普通のメロディックパンクです。 M3「When Your Heart Stop Beating」がいいです。まぁ ブリンク好きの人は買っても損はないでしょう。

Fall Out Boy

Take This To Your Grave
★★★★★★★★☆☆
2003-12track
1stアルバム。
てか2nd聞いた後こっちを聞きましたがいい感じでロックしてます。 甘いメロディーとポップパンクサウンドががっつり組み合ってます。 M4「Saturday」は名曲です。「Dance, Dance」にもひけは 取らないと思います。
From Under The Cork Tree
★★★★★★★★☆☆
2006-13+6track
M3「Dance,Dance」聞いてはまりました。ポップパンクがもとに なってるんだけどそれだけではない甘いエモサウンドがいい!! 爽やかなエモだからオールシーズン聞けます。GCとFOBはやっぱ ポップパンクのなかでも一歩出てますね。のりやすいし聞ける。 M4「Sugar, We're Goin Down」もいいけどとりあえずM3聞いて! 他にはM2「Of All The Gin Joints In All The World」とかも いいけど結構どの曲もいいです。Hawaiian6を爽やかにした感じ。
Infinity On High
★★★★★★★★★☆
2007-14+1track+DVD
相変わらず甘いですがなんとなく昔のハードロックを感じます。 FOB節健在ですが M3「This Ain't A Secne,It's An Arms Race」聞いてください。 M6「Thanks Fr Th Mmrs」はクラブヒットしそうな感じですね。 個人的には2ndよりこっちの方がアルバムとしては好きです。 Panic!At The Discoが最近フォロワーとして流行ってるけど (個人的には好きです)やっぱ本物は違うな。

Faster Than Fashion

Crazy Is The New Cool
★★★★★★★☆☆☆
2008-10track
5人組みバンド。
ドラマティックな曲にエモいメロがのっかります。 Fall Out BoyやPATDみたいな感じです。M1「Oh The Drama」とか まさに!って感じです。M4「Next Year You'll Be So Last Year」 は好きですし楽曲も歌も悪くはないですけどどうしても FOBがシーンを作った感があるので二番煎じ感が否めません。 オリジナリティーにも欠けイマイチってところです。

Good Charlotte

Good Charlotte
★★★★★★★☆☆☆
2000-16track
M1「Little Things」はZebraheadっぽくて好きです。 メロコア、ポップパンク、ヒップホップetcなんでもありな ポップパンクバンドです。のりがいいですが2ndの方が 格段にレベル高いんで正直あんま聞きません。
The Young And Hopeless
★★★★★★★★★★
2002-12track
GCの人気を決定付けた2nd。とにかくのりがいいし メロディーも抜群にいいです。イントロ終わりのM2「Anthem」 M3「Lifestyles Of The Rich And Famous」でやられます。 ポップパンク史に残る名盤でしょう。
The Chronicles Of Life & Death
★★★★★★★★★☆
2004-15track
重苦しいイントロからM2「The Chronicles Of Life & Death」の つなぎが好きです。何を言ってるか分からないけど何かを訴えようと してるのが分かるアルバムですね。1st,2ndからかなり路線が 変わりましたがこれはこれで好きです。 M5「I Just Wanna Live」は最強です。他にもM6「Ghost Of You」など シリアスな名曲満載です。
Good Morning Revival
★★★★★★★★★☆
2007-13+2track+DVD
どんどん大人になっていきますね。3rdで見せたロックな感じの 曲がさらに昇華されてます。ダンサンブルな感じのロックになってて かっこいいです。パンクな要素も前作より強くなってますが もはや2ndとは別バンドですね。でもいいです。M3「River」 M4「Dance Floor Anthem」M5「Keep Your Hands Off My Girl」が オススメ!M6「Victims Of Love」はt.A.T.uを思い出します。 前半は無敵なんだけど後半息切れしてる感じがするのでこの評価です。

Just Surrender

We're In Like Sin
★★★★★★★☆☆☆
2007-11+1track
2ndアルバム。
Fall Out Boyを彷彿させるような曲展開に2Voの掛け合いが かっこいいです。 M2「So Close / So Alive」M4「I Said It Before」 M6「New Declaration」が オススメですがどうしてもFOBっぽさを感じてしまうのが 残念。もう一皮むけてくれれば・・・。

New Found Glory

New Found Glory
★★★★★★★★☆☆
2001-12+1track
通算2枚目のメジャー1stアルバム。
Drive-thruと言えばNFGのような気がするのは僕だけでしょうか? 他にも色んなバンドがいるけど一気にDrive-thruの知名度が あがったのはNFGがいたからだと思います。M1「Better Off Dead」 からテンションあがるしM2「Dressed To Kill」やNFGが売れる きっかけになったM4「Hit Or Miss」などアッパーな曲がガツガツ きます。それだけではない聞かせるところはきっちり聞かせるし 響くものがあります。
Sticks And Stones
★★★★★★★★★☆
2002-11track
2ndアルバム。
とりあえず四の五の言わずにM1「Understatement」でしょ! まさにポップパンクってとこのど真ん中突いてきます。 前作からの格段の成長がうかがえる1枚です。 M2「My Friends Over You」はクラブヒットの名曲だし のっけからやってくれます。M4「Something I Call A Personality」はアイリッシュパンクの要素を入れてるし それでもアルバム通してNFGなのはやっぱり声がNFGだから なんだと思います。
Catalyst
★★★★★★★★★★
2004-14track
3rdアルバム。
2ndの路線を引き継ぎつつも音に厚みが出ました。 ポップパンクの要素はもちろんのことながらロックからの アプローチを取り入れた感があります。 M2「All Downhill From Here」からかっこよすぎです。 そこから立て続けにあげたかと思えばM5「I Don't Wanna Know」ではストリングスを使った壮大なバラードを 聞かせてくれます。後半も息付くことなくレベルの高い 曲ばっかりです。キーボードをフューチャーした M8「Failuer's Not Flatting」なんかがオススメ。 これぞポップパンクだってアルバムです。
Coming Home
★★★★★★★☆☆☆
2006-13+3track
4thアルバム。
今までのNFGを覆すようなそんなアルバムです。 ポップパンクというかエモだと思います。歌い上げるような 曲が増えました。M3「It's Not Your Fault」M10「Familiar Landscapes」ではピアノを取り入れたりM5「Make Your Love」 では今までなかったようなシンガロング曲を聞かせて くれたりします。でもやっぱり疾走感溢れるキラーチューンに 期待してしまいます。

No Use For A Name

All The Best Song
★★★★★★★★★☆
2007-26track
メロコア界の大御所No Use For A Nameのベストです。
メロコアって言葉はこのバンドやオフスプから出てきたような 記憶があります。全開な泣きメロに疾走感溢れる名曲の数々。 さらに未発表曲も2曲入ってます。どれもオススメですが M1「International You Day」M4「Invincible」が個人的に ツボです。

Scenes From A Movie

Pulse
★★★★★★★★★☆
2007-11+2track
Vo+Gt×2+Ba+Drの5人組。
これでもかってくらいFall Out Boyのパトリックです! ほんとFOBがもう少しロックになった感じですが曲調も結構一緒です。 オリジナリティのなさは否めませんがFOBよりかっこいいのが 悔しいです。M1「Just Ask Us」M2「Save You」M8「The Cover Up」をはじめ完成度?高いです。

CD REVIEW
TOP PAGE
inserted by FC2 system