USA


Darwin's Waiting Room
Orphan
★★★★☆☆☆☆☆☆
2001-11track
LINKINの劣化コピーという感じ。なんかアメリカはこんなのが多くてたまにすごく悲しくなります。 とりあえず曲が無駄に長い。短くばしっと決めればもっと全体がしまるのに...。

Dig Jelly

For Your Inner Angry Child
★★★★★★★☆☆☆
2003-14track
これはあんまRapcoreではありません。Voが日本人だからかどうなのか歌謡曲+Modern Rockって 感じですごく懐かしい音楽。前半は本当に聴きやすくて適度に重くサンプリングも多様してます。 ただ正直後半は聴きません。オススメはM1「Jaded」M4「Too Rude」です。

Dimestore Hoods
Dimestore Hoods
★★★★★★★★☆☆
1996-11track
このアルバムは3rd Strikeを買った後に聴きました。そこまで変化はないので3rd StrikeE好きには すんなり受け入れれると思います。ただRapcoreというよりNu-Metalって感じです。オススメは M7「Minds Of Confusion」だけど友達に聴かせたら昔のアニメの主題歌みたいと言われました。

Dirty Wormz

The Parazite
★★★★★★★★★☆
2006-14track
ヒップホップよりのラップコア。ゴリゴリのギターに極悪な ラップがのっかります。Bionic Jive,Methods Of Mayhemなどの Limpが出てきた頃のラップメタルが好きな人にはツボだと思います。 オススメはM2「Dirty Weather」M4「Big Bad Azz」

Disappearance

Spun For A Loop
★★★★★★★★★☆
2006-13track
ヒップホップ色の強いラップコアバンド。サンプリングをうまく使いながら 曲を展開していきます。ファンクな要素もありザクザクなギターの曲も ありでいい感じです。M1「Rain In California」M7「Retrospect」はマジかっこいいです。 特にM7は一発KO!KMK+RATMみたいな感じかな?

Downinside

Emergency Broadkast
★★★★★★★★★★
1999-12track
ずっと探してたアルバムがとうとう入手できました。色々なところで名盤だと評価があったのですが 解散済みの&廃盤ため入手できずにいました。内容はヤバイ。最近のレッチリっぽい音ですが 高速ラップでメロも聴きやすく、ファンクなリズムで演奏もまとまってます。音圧が弱いので もったない感じがします。オススメはM1「Two Hits And Pass It」 M2「Sucker Punch」M3「Funkalicious Groovecake」ですがどの曲とっても いけます。

Downsiid

The Evolution Of Ghetto Rock
★★★★★★★☆☆☆
2005-13track
Vo+Gt+Ba+Dr+DJ/MCの5人組。
もろアメリカなラップコアですがありきたりな気もします。 抑揚に欠けるけどかといってまったり系でもない。 シャウトしてるけどのりきれてない惜しい感じがします。 M2「No Rain」M3「Grab The Crash」あたりはいいけど 今一歩です。

Emissarius

Awakening The Metamorphosis
★★★★★★★☆☆☆
2005-13track
Evanescenceがラップしたらこんな感じになるんでしょうか? ゴスっぽい曲に♀Voと♂MCが絡みます。Seminole Countryとか 近い感じだけどもっとゴスです。なんとなくBlackmore's Nightを 思い出したりします。♀がもっと頑張ってくれればもう一化け しそうな感じです。M6「At Any Moment」M7「Season Of Metamorphosis」がオススメ。

Endo

Evolve
★★★☆☆☆☆☆☆☆
2001-13track
Presenceとかそっちっぽい感じ。RockとHip Hopをうまく消化できてません。M9「Program」は まぁまぁ聴けるけどその他は...う〜んって感じです。

Fall Guy

Apocalypse 6T7
★★★★★★★★★☆
2004-14+2track
もろRap-Metal。つーかM2「Gram Rock Band」とかドメタルです。そんな曲からHip Hopみたいな 曲まで幅広くやってます。メインはRap-Metalなんだけどかっこいい。M3「Join Tha Fallguy Army」は テンションあがりっぱなしです。Bionic Jive好きは絶対はまりそう。

Falling Up

Crashings
★★★★★★☆☆☆☆
2004-12track
自分たちのことをPush Rockといっているバンド。音はまんま3rdのPleymoです。 それが好きなら買って間違いないと思います。想像がつくと思いますがラップはあまりしてません。 一応M7「Jacksonfive」がまぁまぁかっこいいかな。

Family Force 5

Family Force 5
★★★★★★★★☆☆
2006-12track
パンクラップなアルバムです。borialis,28days,MC LARSとか 好きな人は気に入ると思います。軽めのサウンドに軽快な ラップが絡んできて所々でスクラッチも入ってます。 オススメはM1「Cadillac Phunque」M8「Earthquake」

Fear Nuttin Band

From Outta Nowhere
★★★★★★★★★☆
2003-17track
レゲエミクスチャーです。ザクザクギターなレゲエです。 Insolence好きは是非とも聞いて欲しいですが Insolenceの2ndよりもっとレゲエ色が強いです。 M2「Dun The Place」M6「Real Music」M11「Herbalize」 M15「Fears」とかかっこいいですが俺が1番好きな曲は M4「What Ya Want」です。
Vibes
★★★★★★★★★☆
2005-5track
M1「Vibes」からロック色の強いレゲエ聞かせてくれます。 どの曲もロックな感じなのでよりInsolence好きに 聞いてもらいたいです。EPなので5曲しか入ってませんが 買う価値ありです!!

Fingertight

In The Name Of Progress
★★★★★★☆☆☆☆
2003-15track
M1「Fear In Me」からzebrahead,28 Daysみたいなパンク+ラップなことしてます。パンクラップから エモいサビにいきます。ただ基本はエモーショナルな感じですね。ラップもけっこうしてるから どっちかっつーとLinkinみたいな感じです。まぁでももう1歩及ばずってとこです。 他のオススメはM3「Guilt」

Flipsyde

We The People
★★★★★★★★★☆
2005-12track
4人組ヒップホップバンド。
サマソニにも来たことある実力派です。哀愁漂うラテンっぽい感じの 曲にラップがのっかります。M1「Someday」M2「Spun」でKOされて しまいますがその後も安定して聞けます。 Lockdown Project、A.W.S.、KMKなどが好きな人にオススメ。

Fort Minor

We Major
★★★★★★★★☆☆
2005-19track
ミックスCDになるんかな?Fort MinorやらLinkin Parkやらの 楽曲がリミックスされてます。ドアーズやガンズなどを用いた アルバム未収録のリミックス曲も入ってます。 そんな感じのリミックス曲のミックスCDです。 レア物っぽいけどAmazon.comとかでも売ってたので結構簡単に 手に入ったりします。
The Rising Tied
★★★★★★★★★☆
2005-16track
Linkin Parkのマイク・シノダのソロプロジェクト。ロックなヒップホップってところ。 なんとなくLINKINっぽさも出てますが基本的には別物です。かっこいいサンプリングを 使ってて哀愁漂うヒップホップになってます。オススメはM2「Remember The Name」 M4「Petrified」M6「Where'd You Go」M10「Believe Me」M12「High Road」

Full Scale

Full Scale
★★★★★★☆☆☆☆
2005-12track
Hoobastank + System Of A Downみたいな曲にラップみたいな こともやってます。リズムはそこまで変態的じゃないけど 歌い方がSOADに似てる気がします。つーか最近のSOADですね。 メタルなリフにオペラじゃないけどそんな歌とラップがいって サビでメロディアスになります。オススメはM1「Empty Texas」M5「Party Political」

Genuflect

The End Of The World
★★★★★★★☆☆☆
2007-13track
元Revilleと7th Rail Crewのメンバーで結成されたバンド。 音は確かに2000年前後のラップメタルって感じがします。 予想の範疇というか良くも悪くもイメージ通りです。 確かにザクザクギターに歯切れの良いラップが絡んでちょくちょく メロディーが出てくるって感じで王道なんだけどアルバム通して 聞くと飽きるかな?といった感じ。

The Grand Skeem
The Grand Skeem
★★★★★★★☆☆☆
2002-15track
パンク+ラップなバンド。初期Zebrahead等が好きな人は 気に入るでしょう。軽い感じでさわやかな曲がメインです。 個人的にはその合間にでてくるメロい曲の方が好きですが。 夏ドライブしながら聴ける1枚です。オススメはM15「Shorti Remix」

Gym Class Heroes

Papercut Chronicles
★★★★★★★★☆☆
2005-18+1track
4人組みバンド。
メジャーデビューアルバムでこの前に1枚アルバム出してます。 サンプリングを使わないトラックでHip Hop×Rockを基盤にしながら JazzやLatinといった要素も出てきます。でもやっぱり サンプリング使ってるように聞こえます。どことなくFlipsydeを 彷彿させます。M10「Qupid's Chokehold」ではFall Out Boyの Patrickも参加しています。オススメはM9「Simple Livin'」
As Cruel As School Children
★★★★★★★★★★
2007-15+1track
相変わらずHip Hop×RockってアルバムですがRock色が 強くなってさらにかっこよくなりました。メロディーが いいし、バランス感覚もいいので非常に聞きやすい。 Jazzy Hip Hopな前作からQuarashiみたいな曲が出てきて アルバムとして文句のない1枚です。 M4「Clothes Off!」の抜けるようなコーラスが たまりません。M2「Shoot Down The Stars」 M7「7 Weeks」M10「Bilter Block」なんかもオススメ。
Quilt
★★★★★★★☆☆☆
2008-14track
3rdアルバム。
前作と比べるとよりクラブミュージックにいったような 気がします。オシャレなんだけど大人になりすぎたような 完全にヒップホップになったような印象を受けます。 M3「Peace Sign / Index Down」ではBusta Rhymesを、 M7「Cookie Jar」ではDreamなど色々フューチャーしてますが 前作の絶妙なバランスが好きでした。オススメはやっぱり 「Cookie Jar」ですがライブの映像がかなりかっこよかったです。

CD REVIEW
TOP PAGE
inserted by FC2 system